RTOSプログラムの高品質設計

概要

 RTOSを使った組込みソフトウェアにおいて、パフォーマンスを重視したプログラミングは大切です。しかし、製品の品質を維持するためには、保守性・再利用性を考慮した、高品質なプログラミングが望まれます。
 設計者の意図を踏襲し高品質なプログラム実現のためには、言語のコーディング規約などだけではなく、保守性と信頼性を備えたプログラムの実装方法の習得が必要となります。本コースでは、C言語による保守性・信頼性を考慮した実装方法について、具体的な例を交えながら学習してゆきます。

目標

  1. 高品質なプログラムを実現するための、実装の要点を理解する
  2. 保守性・信頼性を考慮したプログラミング方法を習得する

前提条件

  • C言語の構文スキルがあること
  • 組込みソフトウェアの実装経験があること
  • リアルタイムOSの使用方法の概略を理解していること

対象者

  • 組込みソフトウェア開発技術者

研修内容

  • リアルタイムシステムを考える
    • リアルタイムOSを使うメリット
    • リアルタイムOSプログラムの難しいところ
  • 保守性の高いプログラムを考える
    • 保守性とは何?
    • C言語におけるstatic属性
    • ファイルスコープを利用する
  • 安全なタスク間のデータ共有を考える
    • globalデータによる共有
    • リアルタイムOSのAPIを使ったデータ共有
    • オブジェクトによるデータ隠蔽
  • 具体的な例で考える
    • リングバッファを使ったタスク間データ共有例