Training‎ > ‎

AndroidAppsSchool

Android プログラミング講座

概要

 オブジェクト指向設計とJava言語によるソースコードを結びつけながら、Androidアプリケーションの開発技術が学べます。
また、開発者として作業効率と正確性を体得していただくため、演習および課題に取り組む時間を増やし、コーディングを繰り返し行って頂きます。

目標

  1. Eclipseの使い方の習得
  2. 開発に必要となるUML(クラス図、シーケンス図、状態遷移図)についての基礎と活用方法を習得する。
  3. MVC設計およびソフトウェアのレイヤアーキテクチャ概念を理解する
  4. 開発のプロセス(仕様、設計、実装、テスト、デバッグ)を理解する
  5. Androidアプリケーションの4大要素(アクティビティ、インテント、サービスデータ入出力と永続化)を利用できるようになる
  6. Androidの標準的デバイスAPIを利用できるようになる

前提条件

  • Java言語の構文スキルがあること

対象者

  • Androidによるアプリ開発を一通り経験したい方
  • MarketからAndroidアプリを配布したい方

研修内容

  • 第1日
    • Android開発環境の設定
    • Android SDK / APIの概要
    • デジタル時計の作成
  • 第2日
    • イベント駆動型のプログラム開発
    • View、レイアウト、Menuの利用
    • アンケートプログラムの作成
  • 第3日
    • インテントの概要
    • 電話を発信する/地図を表示する
    • 簡易メールプログラムの作成
  • 第4日
    • ウィジェットの作成
    • グラフィックスAPIの利用
    • ○×ゲームの作成
  • 第5日
    • SensorAPIの利用
    • 傾きと加速度の取得
    • 姿勢制御プログラム(軟着陸ゲーム)の作成
  • 第6日
    • MediaPlayerAPIの利用
    • 音楽プレーヤープログラムの作成
    • Notification機能の追加
  • 第7日
    • MapViewの利用
    • LoacationListnerの概要
    • 現在地表示プログラムの作成
  • 第8日
    • SQLiteの利用
    • ToDo管理プログラムの作成