Training‎ > ‎

DocumentationBasicSkill

ドキュメンテーション基礎スキル

※本コースは作成中のため、提供開始時期についてはこちらまでお問い合わせください

概要

  • システム開発を進める上での情報伝達手段となるドキュメンテーションの基礎的なスキルを修得します.そのために,ドキュメンテーションスキルの基盤となる次の2つの技術を学びます.
    • 技術文書を書く上で基礎となるテクニカルライティングの基本技術
    • 伝達したい内容を文書としてまとめ上げるための基本技術(以下「ドキュメンテーション技術」と記載).
  • その上で,実際にこれらの技術を使って,目的に適う文書を作り上げられるように,演習と実習による訓練を行います.
   ※本コースはイオタクラフト社の協力を得て開催いたします。

目標

  • システム開発におけるドキュメンテーション(情報伝達)の重要性を理解し説明できる.
  • 基礎的なテクニカルライティング技術とドキュメンテーション技術を修得する.
  • 学習した技術によってドキュメンテーション基礎スキルを得て,目的に適う文書を作成できる.

        対象者

        • 各種開発文書の作成担当者
        • 開発業務のサポート部門(事務系管理部門など)

        前提条件

        • 特になし

        研修内容

        • 講義+演習
        • 目次
          • [演習]仕事の内容記述
          • 1. ドキュメンテーション(情報伝達)の重要性
            • 情報伝達のための文章とは
            • システム開発と情報伝達力
            • [演習]事実と意見の書き分け
          • 2. テクニカルライティング技術
            • 適切に表記する技術(用語・用字, 文法,基本的な表記ルール など)
            • 適切に表現する技術(主語と述語 の対応など,文の記述,接続詞 など)
            • [演習]適切な主語を記述する,
            • [演習]文書構成, 論理展開 など
          • 3. ドキュメンテーション技術
            • ドキュメンテーションの基本ルール
            • ドキュメンテーションのプロセス(文書に対する要求定義→構造設計→作成→検査)
            • [演習]業務の中で自分が作成した文書の分析と改善
            • [演習]議事録の修正演習 など
          • [演習]仕事の内容の再記述