Training‎ > ‎

SysML Basic

SysMLから学ぶシステムエンジニアリング入門

概要

組込み製品の開発は、ハードウェア開発部門とソフトウェア開発部門の協調に支えられてきました。近年の動向として、開発が大規模化、複雑化しつつあるなか、機能安全の作り込みも要求されるようになると、従来のような下流工程での摺り合せだけでは設計の見直しに負荷がかかるだけでなく、市場や規格要求に対応できなくなっています。今まさに、ハードウェア開発とソフトウェア開発に分担する前の工程として、システムそのものの設計に力を入れるべき時が来ていると言えます。
 SysML は、システム設計の内容を記述するためのモデリング言語であり、製品開発者、ハードウェア開発者、ソフトウェア開発者が、開発の初期段階で製品の要求や仕様を相互に伝え、レビューする時の共通言語となります。
 このセミナーでSysML の特徴とそれを活用するシステム設計のコツを学ぶことにより、組込み製品開発において、設計フェーズの早い段階で要求を仕様化し、検証することに役立ててることが可能となります。

目標

  1. SysML の概要と図式の読み方を理解する
  2. 要求の仕様化と検証にSysML を活用するコツを把握する
  3. SysML とUML の相違が説明できる

対象者

  • 組込み製品(電子機器、自動車部品など)の開発担当者
  • ソフトウェア開発に関わるエンジニア

前提知識

  • 特に必要なし

研修内容

  1. 組込み製品開発における課題
    1. 要求の仕様化
    2. 設計段階での要求の検証
    3. 機能安全対応
  2. UML の概要
    1. UML 図式の種類
    2. 概念モデルの記述
  3. SysML の概要
    1. 発展経緯
    2. SysML 図式の種類
    3. システム構成要素の記述
    4. SysML とUML の関係
  4. SysML の活用
    1. 要求分析とシステム設計の流れ
      1. 要求の整理と詳細化
    2. 機能の記述
      1. データとその処理の流れ
      2. 非同期事象による状態遷移
    3. 構成要素への機能の割当て
      1. 構造の記述
      2. 処理とデータの対応付け
    4. 制約の評価
      1. システムに関する制約の記述
      2. システム特性の評価
  5. 例題
    1. 要求分析
    2. アーキテクチャ設計
    3. 制約評価
※ UMLツールは、Enterprise Architect を使用します。
  ツールについての詳細は、スパークスシステムズ ジャパン株式会社のホームページをご覧ください。